キャッシングアフィリエイトするなら複数のASPと提携したほうがいい理由

キャッシングアフィリエイトに限らず、
アフィリエイトをするなら複数のASPと提携しておいたほうがよいです。

※ASPとは、インターネットで成果型の広告をを配信するサービスプロバイダのことです。代表的なのはA8.net、バリューコマースなどがあります。ASPと提携することで自分のブログに広告を張ることができ、その広告から成果が発生すると報酬が入る仕組みです。

キャッシングアフィリエイトをする場合、
同じカードローン案件であっても各ASPによって報酬単価が異なりますので、少しでも収入アップするためにはより報酬単価の高いASPで提携して広告を張り付けたほうが収益アップになるからです。

それだけではありません。

提携解除のリスクもあるからです。

私も実際にあったことなのですが、
1年近く成果実績の無かったカードローン案件がプログラムとの提携が解除されるとメールで連絡がきたのです。

提携して売上実績がないと金融案件は特にプログラム解除されてしまうリスクがあるのです。

一度提携解除されてしまうと、再提携してもらうのは難しくなります。
ただし、他のASPでも同じカードローン案件を取り扱っている場合は別のASPで提携してもらうこともできるので、複数のASPと提携しておいたほうがいい理由はここにあります。

アクセストレードの場合、
一度提携解除されたプログラムに再提携申請するには

・希望プログラム名
・サイト名
・サイトURL
・サイトの特徴
・アピール(どういった方法でプログラムをPRして成果を上げられるか、など

をサポートに連絡しなければならないので面倒になります。

連絡したところで、再提携できると確約できる保証はありませんので、他のASPの同案件に申し込みしたほうが提携できる確率は高くなります。

キャッシングアフィリエイトをするなら提携必須のASP

A8.net

大手から中小の消費者金融まで幅広くキャッシング案件を取り扱っています。

アクセストレード
A8.netより取り扱い件数は少ないですが、必ず登録しておくべきASP。たまに実績のないサイトでもキャッシング案件の提案をもらうこともあります。

トラフィックゲート
実績を上げることで非公開の銀行カードローンを取り扱うことができます。

もしもアフィリエイト
取り扱っている件数は、ほとんどないのですが、たまにレア案件が提携できることもあります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ