1サイト当たりの何記事書けばよいのか?

ページ数がたくさんあった方が、検索にも引っかかりやすくなり、実際に検索結果で上位に表示されるサイトはページ数が多いサイトが多いです。

これを実践しようと思い、1ヶ月で100記事程度書いたブログがあるのですが、100記事書いたににも関わらず、まったくアクセスが無い日や記事更新したその日だけしかアクセスが無いといったことがありました。

無料ブログやアクセスランキングに登録していると、記事を更新すると最新更新情報が新着欄に表示してくれるので、それで数アクセスだけ得ることができるのです。アクセスを得る手段はそれだけ。

どんな記事を書いていたかというと、旅行情報のブログを立ち上げ、じゃらんや一休.comなどの掲載されているキャンペーン情報やお得なプランを片っ端から紹介する記事です。プランの内容を要約し、記事の最後にアフィリリンクを貼るだけだったのです。

たまに検索結果でページ数が少ないにも関わらず、上位表示されるサイトがあります。

一般的にはページ数が多い方が、上位表示されやすそうなイメージがありますが、Googleの検索エンジン結果表示の傾向は年々変化しており、質の高いコンテンツを上位表示されることに重きを置いています。

つまり、闇雲に記事を書いてページ数だけ増やしても満足度の低いコンテンツだけ量産してしまっては意味がないのです。

記事数だけ増やすのではなく、質の高いコンテンツの記事を増やすのが正解なのです。

質の高い記事、ユーザーがどういったことを求めているかを意識して記事を書いたところ週2~3回程度ペースで更新していったら、だんだんとアクセス数が安定してくるようになりました。アクセス数が安定してくるようになったら、更新ペースを減らしたとしても一気にアクセスが減るということはないです。まずは、ユーザーが何を求めているのかを意識して100記事~150記事を目標にするとよいです。

コメントを残す

このページの先頭へ