審査スピード比較ランキングってどうなの?【キャッシングアフィリエイト】

急な出費にすぐにでも対応しなければならない人にとって、キャッシングは非常に助かります。申し込みをしたその日に融資が受けられるからです。

今では、どこのキャッシング商品も申し込み日当日に借りることができるのは当たり前のことであり、申し込みをしてから融資を受けられるまでの時間がどれだけ短いかをスピード比較してランキング付けして紹介しているサイトもよく目にします。

1位 A社 1分
2位 B社 30分
3位 C社 最短30分
4位 D社 最短即日
5位 E社 即日融資

上記のような感じで紹介されています。
はじめてキャッシングを申し込みする人にとって勘違いしやすいのは、申し込みをして30分でお金を借りれると思ってしまうことです。あくまで審査結果の回答が最短で30分や即日で回答しますということなのです。
ほとんどの金融機関が審査結果回答には、最短30分程度としているところが多いですが、実際に融資を受けるまでは審査結果が出たら必要書類を提出して、契約手続きをしてから融資となります。

スピード比較ランキングの1位のキャッシング会社に申込みをすれば早くお金が借りれるんだと思ってしまいますが、実際のところはどこのキャッシング会社も大差はないといっていいです。

以前金融機関に勤めていた経験から審査スピードが速いか遅いかは、キャッシング会社ではなく申込み者にどちらかといえば原因があることが多いのです。審査回答が遅れたり融資までの時間が遅くなってしまう原因としては、個人情報の入力不備です。マンションに住んでいて、マンション名があるにもかかわらず部屋番号だけ入力して建物名を未入力、苗字も例として申し込み時には「広瀬」と入力したが提出された本人確認書類には「廣瀬」と記載してあったらどちらが正しいのかその確認作業のやりとりで時間がかかってしまうのです。どっちでも郵送物は届くから大丈夫という問題ではなく、同じ漢字でも読み方が違うだけで詐欺を企て借りようとする人がいるため書類ベースで登録をしているのです。

むしろスピード比較でランキング付けしている理由としては、サイト訪問者のためではなくサイト運営者の都合である気がします。あるサイトでは審査スピードランキングでアコムが1位でした。ところが別のサイトでは1位はプロミスで、3位はアコムでした。どういった基準でランキング付けをしているのかまったく分かりません。アフィリエイト報酬が高額な順に紹介している部分もあると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ