キャッシングアフィリエイトの提携審査

キャッシング案件のアフィリエイトは、
1案件当たり1万円以上の報酬もあるので、高額な報酬が得られることが魅力のひとつですが、その反面せっかく申込みがあったしても承認率が低いためなかなか成果がでにくいのです。

そればかりでなく、
紹介したいキャッシングローンがあったとしても、自分の作ったサイトにそのキャッシング会社の広告を貼るには提携申し込みをする必要があります。

提携申し込みをすれば、誰ても広告が貼れるのではなくキャッシング会社のほとんどに提携審査があります。あなたのサイトを審査して、審査に通過しない限り、サイトでキャッシングの案件を取り扱うことができないのです。

私も、キャッシング案件の高額報酬に惹かれてキャッシングアフィリエイトをはじめた一人ですが、
最初に私が作ったキャッシングサイトは、ページ数が10ページにも満たないサイトでした。

・キャッシングに関する基礎知識で1ページ
・キャッシング会社の一覧紹介
・各キャッシング会社ごとの概要

たったこれだけのサイトでした。

内容の薄いキャッシングサイトでも、中小の消費者金融会社に関しては、提携申し込みして即承認でした。

テレビCMなどでも放映されている大手消費者金融に関しては、提携申し込みをしてもその審査結果がくるのに時間がかかり結局、提携は見送りという結果でした。

その後ですが、内容の濃いサイトを作ることを目標としてキャッシングに関する記事を50記事ほど書きました。

キャッシングサイトを作成するときに特に注意しなければならないのが、文言です。

「審査が甘い会社」
「誰でも借りられる」
「ブラックでもOK」

このような表現方法です。
キャッシングは誰でも借りられるわけではないので、必ず借りられるような表現を避けて記事を書かなければならないです。

サイトの内容を充実させて、なんとか大手の消費者金融からも提携承認が下りるようになりました。

また、キャッシングサイトは一度サイトを作ったらそれで終わりではなく、定期的に商品内容のチェックが必要です。キャシング会社の審査基準は、常に変わりますので金利などが特に変更になります。

これまで6.3%~18.0%で融資していたのが、審査基準変更になり4.8%~18.0%になるなど定期的に変更になります。
サイトで紹介している金利の表示を訂正しないと、訂正してくださいと警告がきて期限内に記事を訂正しないと、提携解除になりますので注意しなければならないです。

そして、キャッシング会社によっては新規のお客様を対象に無利息期間のキャンペーンを実施している会社があります。

アフィリエイトとしてその会社を紹介するときも、無利息期間を前面に押し出すことで申込してくれやすくなるために、無利息期間をアピールすることは武器になります。

この無利息期間ですが、ずっと行っているものではなく一定期間のものであることが多いので、無利息期間キャンペーン終了後は直ちに、自分のキャッシングサイトでもその文言を削除しなければならないです。

そして、大手消費者金融に多いのが一定期間成約の実績がないと提携解除になってしまうことです。

このため初心者がいきなりキャッシングアフィリエイトをするには、ハードルがとても高いのです。

コメントを残す

このページの先頭へ